Jr.ラウンド
レッスン
ボランティア

昨年大会の様子


1日目

実績のある4人がスタートダッシュに成功!

LPGAツアー史上2人目の3週連続優勝を目指す畑岡奈紗が、4バーディ、2ボギーの70で回り、首位と2打差の8位タイと好位置につけた。それでも「今日のゴルフは60点」と辛めの自己採点。大会前日にLPGA会員証を授与されて気合いが入るだけに、その目はリーダーボードの一番上を見据えていた。その畑岡を抑えて4アンダーで首位に立ったのは、ディフェンディングチャンピオンのアン ソンジュ、服部真夕、イ ミニョン、笠りつ子の4人。どの選手も優勝経験を持つ実力者だけに、早くも一歩も譲らぬ気持ちがひしひしと伝わってきた。首位と1打差の5位タイグループには吉田弓美子、全美貞、森井菖がつけている。

1位タイ -4 服部 真夕、イ ミニョン、笠 りつ子、アン ソンジュ
5位タイ -3 吉田 弓美子、全 美貞、森井 菖
8位タイ -2 吉本 ひかる、藤本 麻子、松田 鈴英、畑岡 奈紗、
テレサ・ルー、ジョン ジェウン、柏原 明日架、大江 香織

2日目

テレサ・ルーが65の大爆発で単独首位に!

7バーディ、ノーボギーと完ぺきに近いゴルフを見せたテレサ・ルーが通算9アンダーで単独首位に。シーズン2勝を挙げていながら、右肩痛などで8月以降は不振に陥っていたが、前週にコーチを務めるヘンリー・ライス氏からのスイングチェックを受け、自信を取り戻していた。「特にアイアンの調子がよかったです」と言うように、この日はグリーンを外したホールが1つしかなかった。ルーを1打差で追うのが前日首位のイ ミニョン。さらに1打遅れて吉田弓美子が前日の5位タイから単独3位に浮上してきた。16、7年振りに順手に戻したパッティングのグリップが好調の理由だと言う。注目の畑岡は順位を7位タイに上げたものの、首位との差は6打に広げられた。

1位 -9 テレサ・ルー
2位 -8 イ ミニョン
3位 -7 吉田 弓美子

3日目

吉田弓美子が大逆転劇を演じ、大会初Vに輝く

16番ホールを終えた時点で首位の藤本麻子に4打ビハインドだった吉田弓美子。残り2ホールで驚異的な粘りを見せる。1組前で回っていた藤本が17番パー4でダブルボギーを叩くと、3メートルのパットを沈めてバーディ。1打差に迫った18番パー5で藤本がボギーを叩き、ついに首位に並んだ吉田。畳みかけるように3打目をしっかりとピン横3メートルにつけたが、「外してもプレーオフに残れる」と心に余裕を持ってストロークしたボールは吸い込まれるようにカップの中へ。通算9アンダーで今大会初優勝を飾った。劇的な逆転勝利に「一生忘れられない優勝です」と満面の笑みを浮かべた吉田。最後まで勝負をあきらめない執念と好調なパッティングが呼び込んだ年間2勝目、ツアー通算7勝目だった。

1位 -9 吉田 弓美子
2位タイ -8 藤本 麻子、イ ミニョン
4位タイ -7 上田 桃子、テレサ・ルー