2014年大会の様子

1日目

安定したプレーで頭1つ抜け出した
O.サタヤと李知姫が首位タイに

大会初日、前半から順調にスコアを伸ばし好スタートを切ったのは O.サタヤと李知姫の両選手。共に安定感のあるプレーで、7バーディノーボギーで並び首位タイに。首位と1打差の3位タイには今季4勝目を狙う成田美寿々と、ツアー未勝利の豊永志帆。ベテラン勢の中からは鬼澤信子が上位にくいこみ、初日から緊迫した大接戦となった。

1位タイ -7 O.サタヤ、李知姫
3位タイ -6 豊永志帆、成田美寿々
5位タイ -5 鬼澤信子、原江里菜

2日目

後続に3打差をつけ李知姫が単独首位
2年ぶりのタイトルに王手をかける

李知姫が序盤からスコアを順調に伸ばし通算12アンダーで単独首位に立つと、同じ首位スタートのO.サタヤは7番のボギーで調子を崩したのか、そのまま7位タイに後退と明暗が分かれる結果に。続く2位には8番のイーグルで勢いにのる成田美寿々と、通算8アンダーとスコアを伸ばしてきた3位のアンソンジュ。勢いのある両選手が首位を狙う中、李知姫はこのまま首位を守れるか。勝負の行方は最終日に持ち越された。

1位 -12 李知姫
2位 -9 成田美寿々
3位 -8 アンソンジュ

3日目

勝負を決した最終18番ホール!
アン ソンジュがバーディで締め逆転V

迎えた大会最終日、首位の李知姫に対して猛チャージを見せたのは3位スタートのアンソンジュ。13番、14番でバーディを奪いジリジリとその差を縮めると、16番でバーディを決めついに李に並び首位タイに。そして緊張感が高まる最終18番、バンカーに打ち込んでしまった李に対し、このホールをバーディで締めくくったアンが見事、逆転優勝を飾った。

1位 -14 アンソンジュ
2位 -12 李知姫
3位 -11 酒井美紀