昨年大会の様子

悪天候の中、新垣比菜ら7人が首位に並ぶ混戦

冷たい雨と最大瞬間風速10・4メートルの強風が吹き荒れる悪条件の中、7人が1アンダーの71でホールアウト。ツアー史上2番目に多い人数が首位タイに並んだ。その中の一人、黄金世代の新垣比菜は3オーバーまでスコアを落としたが、4つのバーディを奪って盛り返した。「序盤は風の影響でパットが思うように打てませんでしたが、徐々に慣れて感じがつかめてきてからはよかったです」と胸をなで下ろす。また、同じ黄金世代の淺井咲希も上がりを3連続バーディでフィニッシュ。「低い球を練習していたおかげで、ボールが風に流されずにプレーできました」と首位タイに満足げな表情を浮かべた。その他の首位は宮田成華、山下美夢有、イ ナリ、新海美優、濱田茉優の5人。

1stラウンドの結果

1位タイ -1
新垣 比菜 / 宮田 成華 / 山下 美夢有 / 淺井 咲希 / イ ナリ / 新海 美優 / 濱田 茉優
8位タイ 0
仲宗根 澄香 / 穴井 詩 / テレサ・ルー / ペ ソンウ / 稲見 萌寧 / 小祝 さくら
14位タイ +1
高橋 彩華 / 吉本 ひかる / 申 ジエ / セキ ユウティン / 黄 アルム / 笠 りつ子
  • 1位タイ

    新垣 比菜

  • 1位タイ

    宮田 成華

  • 1位タイ

    山下 美夢有

  • 1位タイ

    淺井 咲希

  • 1位タイ

    イ ナリ

  • 1位タイ

    新海 美優

  • 1位タイ

    濱田 茉優

  • 8位タイ

    仲宗根 澄香

  • 8位タイ

    穴井 詩

  • 8位タイ

    テレサ・ルー

  • 8位タイ

    ペ ソンウ

  • 8位タイ

    稲見 萌寧

  • 8位タイ

    小祝 さくら

  • 46位タイ

    斉藤 愛璃

  • 60位タイ

    金田 久美子

稲見萌寧がプレーオフを制して2勝目を飾る!

2年連続台風の影響で2日目が中止となり、36ホールの短縮競技に。この日、前週の日本女子オープンを制した原英莉花がベストスコアの66をマーク。46位タイから一気に5位タイにまで順位を上げる。その原を通算で上回り、5アンダーでプレーオフに持ち込んだのが、稲見萌寧、淺井咲希、ペ ソンウの3人。18番パー5が舞台となった1ホール目、稲見が4メートルのバーディチャンスにつける。他の2人はすでにバーディパットを外しており、入れば優勝という場面で稲見のパットは吸い込まれるようにカップイン。今大会初優勝を引き寄せ、「最も大変と言われる2勝目を達成できてよかったです」と喜ぶ稲見。黄金世代とプラチナ世代に挟まれた21歳が最高の笑顔を見せた。

FINALラウンドの結果

優勝 -5
稲見 萌寧
2位タイ -5
ペ ソンウ / 淺井 咲希
4位 -4
イ ナリ
  • 優勝

    稲見 萌寧

  • 2位タイ

    ペ ソンウ

  • 2位タイ

    淺井 咲希

  • 4位

    イ ナリ

  • 5位タイ

    比嘉 真美子

  • 5位タイ

    古江 彩佳

  • 5位タイ

    原 英莉花

  • 5位タイ

    小祝 さくら

  • 5位タイ

    穴井 詩

  • 5位タイ

    山下 美夢有

  • 5位タイ

    宮田 成華

  • 12位タイ

    笹生 優花

  • 12位タイ

    ささき しょうこ

  • 45位タイ

    金田 久美子

  • 68位タイ

    斉藤 愛璃

ページトップへ戻る