2010年大会の様子

1日目

李知姫が67をマークして単独首位
18歳アマ香妻琴乃が7位タイと活躍

女子高生アマチュア香妻琴乃が2アンダー7位タイと好スタートを見せた初日は、5アンダー67で李知姫が単独首位に。2打差の2位に福嶋晃子ら5人がつけた。前年優勝の有村智恵、復帰後初の三塚優子はともに1オーバー35位とやや出遅れた。

1位 -5 李知姫
2位タイ -3 飯島茜、笠りつ子、イ ナリ、北田瑠衣、
福嶋晃子

2日目

通算7アンダーのイム ウナに続き
4打差V圏内に9名と混戦模様に

2日目15位から一躍トップに出たのはパットが好調だったイム ウナ。連日の69をマークした福嶋晃子は首位と1打差の2位につけ、2年ぶりの優勝を狙う。初日7位発進だったアマチュア香妻琴乃も2日連続のアンダーパーで5位とV圏内に。

    1位 -7 イム ウナ
    2位 -6 福嶋晃子
    3位 -5 黄 アルム
    4位 -4 北田瑠衣

プレーオフで李知姫を下し
アン ソンジュが今季2勝目!

最終日は通算6アンダーで並んだアン ソンジュ、李知姫の韓国勢によるプレーオフに。アンにとっては3日間ボギーを叩き続けた18番での一騎打ちとなるも、2ホール目で7メートルのバーディパットを見事にねじ込み、今季2度目の勝利を手にした。この勝利でアンは、LPGA公認試合で韓国出身選手の100勝目を飾るとともに、自らも賞金ランキング首位に立ち、この年の賞金女王獲得への大きな一歩を踏み出した。

1位 -6 アン ソンジュ
2位 -6 李知姫
3位タイ -5 馬場ゆかり、北田瑠衣、イム ウナ